樋口鞄工房ランドセルの重さの理由は?

ランドセルは、細かいものまで含めると 200点近いパーツが使われています。
いろんなパーツが組み合わさって 1つのランドセルが出来上がります。
1つひとつのパーツにはそれぞれ重さがありここでご紹介するのは

そんな小さなパーツの大切なお話です。

丈夫さを高めるには、確かな品質が必要でした。

頑丈で丈夫なランドセルを簡単に作る方法はいくつか存在します。

1 生地を厚くする

2 硬い芯材を追加する

3 傷や汚れの目立たない模様にする

これらの方法でランドセルを作れば、何もしていないものより丈夫なランドセルが出来ます。 しかし、それぞれには大きな問題点が隠れています。

1 については、生地を厚くした分重量が増え、重たいランドセルになります。
2 については、芯材で重くならないように生地を薄くするので、表面の強度が弱まります。
3 については、見た目上綺麗ですが、目立っていないだけで内部がボロボロになります。

このように、製造上簡単に行える項目には最終的にお子さまへの負担となる場合があります。

自社工場ならではの"こだわり"

樋口鞄工房では、自社工場の強みを生かして 日々新しい素材やパーツの研究・調査をしています。 安心・安全に使えてお子さまに負担が少ない 総合評価が高いパーツを採用してランドセルをお作りしています。

樋口鞄工房のお作りするランドセルは、平均で1350gです。
世の中のランドセルの中では軽くない方かもしれません。

それは、丈夫で安全な耐久性の高いパーツを使用しているからです。
試行錯誤を繰り返しながら私たちの求める理想のパーツを開発、選択しています。

たまご1つの重さで変わる耐久性?

一例としてランドセルの中でもよく使うポケットのお話を。
以前までは軽さを求めて芯材の片面だけに補強素材を使用していましたがしっかり6年間お使いいただける耐久性を求めて両面に補強材を使用しています。
この補強によりヘタレにくく傷や汚れに強いポケットに仕上がります。
気になるのは重さです。
以前使用していた物と重さを比較してみると約58g増加でした。
一般的なLサイズのたまご1つが約60gです。
たまご1つ分の重さで耐久性は、ぐんと上がります。

"先を見据えたランドセル"

教科書のページが増え教材の重さが増えているからこそ、よりよいパーツを使用し、軽く強度の高い長くお使いいただけるランドセルをお作りしていきます。 初めてランドセルを背負う日からご卒業までしっかりと寄り添う為に・・・。
そういった想いが樋口鞄工房のランドセルの重さの理由です。

©2020  HIGUCHI KABAN FACTORY Co., Ltd.